器用貧乏人間

とある漫画好きの感想blog。看板に偽りあり。

トニカクカワイイ 第12話 「姉様だけど愛さえあれば関係ないよねっ 」 

◆今週のトニカクカワイイは司の妹が新登場!
imouto.png
彼女の名前は「千歳」、司の妹という事なので名字は「月読」かと思いましたが、本人曰く司とは「ホントの家族じゃない」との事なのでもしかしたら違うかも? 見た目の雰囲気も司に近いものがありましたので普通に血縁のある妹で納得仕掛けていたのですが、何か複雑な事情があるのでしょう。月読時子の事を「大婆様」と呼んでいるので月読家の親類縁者ではありそうですが。


さてこの千歳さん、どうやら件の月読時子さんに司の居場所を聞いて、時子さんが止めるのも聞かずに司のもとに押しかけて来るぐらい司の事を大事に思っているようです。
anerrabu.png
いやー完全にシスコ……姉思いの良い妹ですね!

そんな姉思いの千歳に対して司本人の口から「結婚した」という大変ショッキングな事実が伝えられる。

あまりの出来事にアパートの階段の隅でスンスン泣いていた千歳でしたが、そこに偶々帰ってきたナサ君に慰められちょっといい感じに。
huragu.png
この作品じゃ無ければフラグが立つ所だった。

なお、二人の話し声を聞きつけた司にナサ君が「だんな様」だとすぐにネタばらしされ事態は急変。
butikire.png
完全にブチ切れてますわ。

次週はだんな様VS妹のバトルに乞うご期待?

◆今週のアレコレ
今週はセンターカラーで意味深な司のモノローグと共に始まりましたが、これを読むと司は「家庭」というものに強い憧れがある事が伺い知れます。だからこそナサ君に付き合う条件として「結婚」を前提としたのでしょうね。

しかし千歳という(自称)妹にはそこまで執着は無いようなので、あくまでも「愛する人が居る家庭」に憧れているという事みたいですね。

あと千歳が言っていた「警察に相談してはダメ」という事と「月を目指して舞うガラスの蝶」という意味深な表現によって、司の存在が現代では危ういものである事が伺えますね。

◆今週の小ネタ
oagariyo.png
おあがりよ!(アカン
分かる人には分かるけど危ないネタですよ畑先生!

あと、なんとなく桂○和先生風なデラ○っぴんも・・・。



トニカクカワイイ1巻、好評予約受付中!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール