器用貧乏人間

とある漫画好きの感想blog。看板に偽りあり。

 

咲夜誕生日おめでとう!
いつまでも大好きだよ!

 ハヤテのごとく!もいよいよあと2話でグランドフィナーレを迎えるという事で、どういう結末を迎えるのか気が気ではない日々を過ごしてはいますが。今日この日だけは本編の事は忘れて咲夜の誕生日を祝いたいと思います。おめでとう!

さて、ここに来て今更咲夜の魅力など語るまでも無い事なのですが、まず挙げるならナギやワタルに対する世話焼きなお姉ちゃん力ゥ…ですかね。そして誕生日回で見せた妹力。
 そういえば、ハヤテ本編がキングクリムゾンしてる間に咲夜のハヤテに対する呼び方が「ハヤテ兄やん」に変わっていたのですが、これはハヤテの誕生日あたりで何かしら転機となるイベントがあったのかな?
私の想像としては、ナギの同好の士であり友と呼べるハルさんが現れた事で、ナギのお姉ちゃんとしての役目が薄れ、咲夜の「甘えてみたい」という気持ちが膨らみ始めたからでは無いかと思ったり。

とどのつまりは何が言いたいのかと言うと、お姉ちゃんな咲夜に世話を焼かれたり、前に進む為に背中を蹴っ飛ばして貰うのも良いけど、たまには年下の女の子らしく甘えて頂くのも良いですよね!という事。

ああ、私も兄やんと呼ばれたい!







(結局本編忘れてないやん)

咲夜が姫神にも「兄やん」呼びをしている事については、たぶん姫神が居た頃の咲夜はまだ小さかったから、年上の姫神を素直に「兄やん」呼びをしていたのでは無いかと。
だとすれば、ハヤテに対して兄を求めたのも「姫神兄やん」が居なくなってしまった事が少なからず影響しているのではないかと考えられますね。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール