器用貧乏人間

とある漫画好きの感想blog。看板に偽りあり。

ハヤテのごとく! 第375話 雪路が雪路である理由 

前回、雪路の昔の写真を見つけた流れから、雪路は若い頃「ミュージシャン」になることが夢だったとヒナギクの口から語られましたが、今回はその昔話の続きから。

雪路がギターを手放した(恐らく西沢さんにあげた)あとに新たにギターを買い直すこと、つまり再び雪路が夢を追う事がなかった事が回想で語られ。そしてその理由をヒナギクは家庭の事情、つまり二人が養子である事が原因で夢を諦め、安定した職業である教師の道を選んだのではないかと考えているようで……丁度部屋に現れた雪路にどうして夢を諦めたのかと尋ねます。が、肝心の雪路の反応は。

375-masani-yukiji.jpg
……えっ?
雪路(モノローグ)曰く、ギターはいずれ買い直すつもりだったけど意外と高くて買えなかっただけだそうな。教師になった理由まではヒナギクの予想通り、しかしその後は。

375-masaniyukiji.jpg
これでこそに雪路!
結局、ミュージシャンという夢を追いかけなくなってしまった原因は、雪路自身の怠惰にあったという……ああ、非常に雪路らしい理由で安心しました。(

しかしそんな雪路にも今回の件には思う所があったのか、綺麗になった部屋で置き忘れていた夢への第一歩、ヒナギクに尊敬されるお姉ちゃんであるために、まずはギターの購入を決意する。


この雪路の物語、夢のリスタートは今後、他の登場人物の物語にどう影響するのか、私、気になります!

夢と現実は常に不仲で、雪路が夢を追いかけるなら、現実側、雪路と恋仲になりたい薫先生には厳しい選択となる。

そしてすでにその夢のステージに居るルカ(だがルカの夢はそこにはない)や、ギターを授けた教え子(仮)の西沢さんとの関係もとても気になりますね。
[ 2012/08/30 ] 本誌感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール