器用貧乏人間

とある漫画好きの感想blog。看板に偽りあり。

ネウロかシックスか…最終決戦開始! 

記事が長くなってしまったので、例のごとく個別記事。

※他のジャンプ作品の感想はこちらから。
週刊少年ジャンプ 第09号 感想

◆血族(にんげん)?
 いよいよネウロVSシックスの決戦が開始!
 しかし、ネウロは傷を癒す魔力も残っていないという状況。そんなネウロをシックスは五本指の能力…テラとDRの力を駆使して追い詰めます。

 さて、ここでシックスは「”五本指”の力など私は全て使える」等と言っていますが…それはただ単純にシックスが5本指より優れた”人間”なだけですよね?
 行使している力自体は地形を利用しただけの”人間”でも出来る所業ですし、吾代の発言や葛西が”人間”だった事からも、”血族”が本当に”人間”と違う生物なのかは疑わしい…。

 本当に血族≠人間なのか?この戦いの焦点はやはりここになるのでしょうね。


◆D・C・S!D・C・S!
 いきなり窮地へと追いやられたネウロ…しかしネウロの相手はシックスだけではなく、戦闘能力と変身能力がより進化したXIも相手―――って!
DCS!.jpg
ドーピングコンソメスープだ!!
なんというサプライズ!
至郎田シェフの勇姿を再びジャンプで見れるとは!
…などと思っていたら。
 
「フーーンフ
 フーーーン
 フーーーン
 フーーーン
 フーーーン!」


DL3.jpg
デイビッド・ライスもきたぁ!
 さらにこの後、家具男アヤ・エイジアも登場・・・なにこのオールスター、最高に盛り上がる展開だわ!
まあ、中身は全部XIなのだけど。

 しかし、流石にこの二人が相手では、魔力の残り少ないネウロのとても勝ち目は無さそうだ…となるとやはり弥子の存在が鍵か?


◆死ねばイイのです・・・・・!
 そういえば、今週のヘタッピマンガ研究所Rに松井先生がちょろっと登場していて、そこで松井先生は「構図にこだわるより、キャラに心血を注いだ方が良い」と語っていましたが…今回の話はそれを有限実行した結果がうかがえますよね。
 松井先生が生んだキャラはどれも記憶に焼きつく強烈なキャラばかりですよ!


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール