器用貧乏人間

とある漫画好きの感想blog。看板に偽りあり。

さよなら絶望先生 第百二十五話 「東方節分録」 簡易感想 

諸事情のため、今回は簡易感想です。

以下本編感想↓



◆厄いわ
今回は厄払いの話。
厄払いした絶望先生はちょっと読みたい気もします。

厄の前払い…本当糸色先生は騙されやすい人ですね。
そして、絶望先生が単行本126巻も続いたら、
ネタ被りな話がごろごろ出てきて久米田先生が
絶望しそうですよねw

◆仮想敵国!
後半は見えない敵とシャドーボクシングする
人々の話に移行。
…まといがこんなにしゃべるのは久々じゃないか?

・●●の画像がグーグルでヒットしないのはry
そんな騒ぎもありましたね…●っ●●●にしてやんよ!
・存在しない変質者
あるあるw電車で横に座ったら向こうに寄られたり…orz
・アキハバラ解放
この人達には、こっちの迷惑も考えろ!…と言いたいです。
・あれが放送できないのはアメリカの圧力がry
先週のあれはネタだったのか…orz

ここで今回の羅列ネタ!
・大量破壊兵器
なんで国連はここをアメリカに追及しないのか…
・スペインの魔女裁判
ひゃあ!私魔女じゃないですー!(それは違う)
・2000年問題
・アンゴルモア大王

何も起きませんでしたねー
・もしUFOが攻めてきたら日本は
いんでぺんでんすでい?


そして今回のオチは、存在しないオチを笑えと言うオチ。
久米田先生、あんまりです…。


[ 2008/02/02 ] 本誌感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


  1. 無料アクセス解析
テクノラティプロフィール